読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんちき@中立派

いろいろなこと書きたいと思います。レース、タイピング、俺ガイル、Relifeが好きです。ネットビジネスもちょっとだけ。

2017年F1シーズンで地味に注目される記録!

2017年のF1シーズンもついに開幕の時を迎えました!

 

以下には今年更新されるかも?という記録を集めてみました!

今年F1グランプリを観戦する際にはこの記録が更新されるかも?なんて思いながら見てみるとおもしろいかもしれません!

 

目次

1.表彰台未獲得での最多出走回数

おそらくF1界ではよく知られていると思いますが、これはもしかしたらヒュルケンベルグが更新するかもしれない記録です。

f:id:pointsite-boy:20170324075346j:plain

彼は現在117戦出走しています。

「出走回数」となると、数え方が非常にマチマチで、予備予選があった時代、決勝不出走、赤旗再出走などいろいろな基準で出走回数に含んだり含まなかったりするので混乱が発生します。

そこで、以下には混乱しそうなポイントもまとめて順位にしてみました。

 

未表彰台での最多出走回数

1位 エイドリアン・スーティル(128戦)DNS、DNQともに0回

2位 ピエルルイジ・マルティニ(119戦)DNS0回、DNQは5回ある

3位 ニコ・ヒュルケンベルグ(117戦)DNSが2回

 

DNS(決勝不出走)予選は通過したものの、決勝スタートを切ることができず。

DNQ(予選不通過)決勝出走台数上限からオーバーor107%ルールに抵触

 

基本的には出走回数にはDNSは含むが、DNQは含まないのが定石です。

上を見ると、スーティルDNS、DNQともに0回なので、わかりやすいですね。

マルティニはDNQが5回ありますが、その分を除いた回数が119回です。

 

ヒュルケンベルグの場合、混乱してくるのが2013年のオーストラリアグランプリ(オイル漏れ)と2015年のベルギーグランプリ(電気系)のDNSですね。この分を含めて117戦出場です。

 

予定通り(?)いけば今年の第12戦ベルギーグランプリで129戦、更新となってしまいます。

 

ただ、今シーズンのルノーの仕上がり具合からしても、到底表彰台が狙えるマシンとは思いませんね…去年よりは戦えるかもしれないですが。

 

f:id:pointsite-boy:20170322163741j:plain

この記録は更新されてしまうのか否か、フォロワーさんにアンケートを取ってみました。

 

 やはり大方の方がヒュルケンベルグが更新すると思っているようです…

いい意味でヒュルケンベルグが裏切ってくれるといいですが…

 

2.最年少での表彰台記

表彰台に関連して、今度は今シーズンからウィリアムズから鳴り物入りでデビューを果たすランス・ストロールの話題です。

f:id:pointsite-boy:20170324075306j:plain

 少しだけストロールの補足をしましょうか。

 

ランスはあのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの位置しているカナダのケベック州モントリオールの出身。1998年10月29日生まれの18歳のドライバーです。(ここ注目ね)

 

一時期はフェラーリのドライバーアカデミーにも所属しましたが、その後ウィリアムズのテストドライバーとして契約。背景にはランスの父であり、世界長者番付でも722位にランクインしているほどの金持ちであるローレンスが深くかかわっているといわれています。

 

ランスはユーロF3もしっかり制してこのF1へと昇格してきたわけですが、なんと年齢はいまだに18歳という若さです。

 

そして…彼の乗るウィリアムズは今シーズンはなかなかの戦闘力を発揮しそうです。

f:id:pointsite-boy:20170322111218j:plain

 となればポールポジションなどはなくても、表彰台ぐらいなら狙えそうな気がします。

 

そこで、おもな最年少記録をまとめてみました。

 

現時点での最年少入賞

これは2015年第2戦マレーシアでのマックス・フェルスタッペンが記録した17歳180日。

18歳以上にしかスーパーライセンスが発行されない今では今後は100%更新されることのない記録ですね。

現時点での最年少PP

これは2008年のイタリアグランプリでベッテルが記録した21歳72日が記録ですね。これはマックスでも更新が可能ですね。十分時間があります。

現時点での最年少リードラップ・表彰台・優勝

f:id:pointsite-boy:20170324075202j:plain

驚くことに、この3つの記録はすべて2016年のバルセロナでのマックスの優勝が保持しています!

いずれも18歳227日です。

 

この中で、今年のウィリアムズの可能性を考えたら、一番現実的なのは最年少表彰台だと思われます。ただ、更新のチャンスがある期間は非常に短く、今年の6月11日に開催される第7戦カナダグランプリまでが更新のチャンスです。(間違っていたらすみません)

 

しかし、このストロール、プレシーズンテストではクラッシュ・スピンが多発。まさかマルドナードの再来か!?なんていわれてしまう始末となってしまいました…(さすがに2回目のテストでは持ち直していましたね)

f:id:pointsite-boy:20170324075235j:plain

このような背景もあり、最年少表彰台記録を更新できるか否かについてのアンケートを取ったところ、厳しい結果が待っていました。

 同じ結論となってしまうのですが、ストロールにもいい意味で期待を裏切ってもらいたいものですね!

 

3.コンストラクターズランキング史上初の最下位!?

 プレシーズンテストの結果を見れば一目瞭然といった状況です。

 

今シーズンのコンストラクターズランキング9位を争うことになるのでは?とみられているザウバーマクラーレン

f:id:pointsite-boy:20170322111242j:plainf:id:pointsite-boy:20170322163645j:plain

 

 

どちらも現在となっては中堅から下位をうろつくマシンとなってしまいましたが、思えば長い歴史があり、その長い歴史の中でいずれもコンストラクターズランキング最下位というのは取ったことが無いのです!

 

マクラーレンに関しては1966年の創立以来、コンスト史上最下位は2015年の9位。(下にマノーがいただけ)

ザウバーは1993年の創立以来、

 

2014年と2016年の10位がコンスト史上最下位です。

 

つまり、プレシーズンテストを見る限りでは彼らがほかのチームを食うとは考えにくいので、彼らのいずれか一方が自身の歴史に最大の汚点を残してしまうこととなります。

 

これについても気になったので、フォロワーさんに聞いてみました。

 残念ながらザウバーがビリを獲ると予想している方が多いようですね…

 

そして、彼らの戦いのカギを握るのはホンダエンジンかもしれません。

f:id:pointsite-boy:20170324075130j:plain

 

テストで投入されてきたスペックは信頼性、パワーにも難があり、特に信頼性に関しては昨シーズンバージョンのフェラーリエンジンを使用するザウバーに後れを取ることが予想されます。

 

しかし、今シーズンからはトークンを自由使用できるので、2015年のように年中デプロイがない!なんて状況に陥ることは考えにくいと思われます。

 

今シーズンのマクラーレンホンダの戦いからも目が離せません!

 

2017年のF1カーで一番かっこいいのはどのチームだ!?

2017年シーズンからF1にはシャーシ側を中心に新たなレギュレーションが導入されました。

 

レギュレーションがどのように変更されたかなどはあまり興味がないのですが、やはりF1マシンはある程度カッコいいものがいいはずです。

 

そこで2017年シーズンに発表されたF1マシンのうちどれがカッコいいかをツイッターのアカウントでアンケートを取ったのでぜひご覧ください!

 

オートスポーツでも実施していました

同じようなアンケートをオートスポーツ誌でも実施していたらしいので、よかったらこちらの結果も照らし合わせながら読んでみてください!

www.as-web.jp

 では順位が下の方から発表したいと思います!!

 

 

10位 フォースインディア

9位 ウィリアムズ

いきなりですが2チーム紹介します。

 

フォースインディアとウィリアムズの新車の写真。

 

f:id:pointsite-boy:20170322111039j:plain   f:id:pointsite-boy:20170322111218j:plain

 

 ツイッターでアンケートを取ったところ、この2チーム、ダントツに人気がありませんでした。(1票も入りませんでした)

最後にどちらがまだマシですかとのアンケートを皆さんにとってようやく決まった形です(笑)

 

 

フォースインディアとウィリアムズの決選投票結果

 

 

 

僕はどの部分がダサいかまではアンケートを取っていないので明言を避けますが、最近のトレンドであるシャークフィン、ノーズコーンの形状がカギを握っているのでしょうか…

 

ちなみに僕は上のフォースインディアのカラーリング結構好きでしたよ??

なんせカラーリングがシルバー主体になった2015年のマシン発表の時にはケータイの待ち受けをフォースインディアVJM08にしたほど!

 

となんて思っていたのですが、フォースインディアには新たなスポンサーがつくことが発表されました。

DTMではお馴染みのスポンサーだと思いますが(詳しくはわからないです…DTMは抑えていないので)、それがF1にも上陸してきたという形でしょうか。

f:id:pointsite-boy:20170322172636j:plain

BWTはヨーロッパでは最大規模の浄水器メーカーらしいのですが、フォースインディアはここ2年間のシルバーを基調としたカラーリングからピンクを基調としたカラーリングへと変更となりました。(合同テスト後に発表)

 

このピンクのカラーリングのフォースインディアとウィリアムズで人気投票もしてみました。

 個人的には意外だったのですが、ピンクのカラーリングの方がまだ人気があるようですね!

 

7位レッドブル&ハース

 f:id:pointsite-boy:20170322163733j:plain  f:id:pointsite-boy:20170322163752p:plain

 

ここは同点でした。

レッドブルはこの空力を中心としたレギュレーション変更で一番有利ともいわれていましたが、プレシーズンテストを見る限りではちょっと微妙ですね。

 

ただ、レッドブルは仮に失敗したとしても、2012年や2015年のように盛り返してくることもありますし、2016年も決してコンストラクターズランキング2位で終えるようなマシンでシーズンを開始したわけではありませんから。

 

6位マクラーレン

 

f:id:pointsite-boy:20170322111242j:plain

 

今シーズンから1960~1970年代にマクラーレンが使用し、伝統的なカラーとなっているオレンジに回帰したマクラーレンが6位に入りました。

 

ただ、そのマクラーレン、プレシーズンテストではあまりに凄惨な状況下に置かれてしまいました。

シャーシ側の問題、PU側の問題が積み重なり、問題が多発して、全チーム中最下位の周回数でプレシーズンテストを終えることになってしまいました。

 

ちなみにマクラーレンとホンダの責任の割合についてもアンケートを取ってみたところ、次のような結果になりました。

 

 

 

 

ホンダ側に責任があると考えている方が多いですね。

 

ついついこのような問題が多発する事態になると、片方に責任を求めてしまいがちですが、片方100%にすべて責任があるという状況はなかなかないのであり、マクラーレンとホンダにはパートナー側を責めることなく、自分のエリアの仕事を完璧に進めてもらいたいものです。(いきなり私見を展開してしまってすいません…)

 

5位 ザウバー

 

f:id:pointsite-boy:20170322163645j:plain

 

 

5位にはザウバーが入りました。

昨シーズンはコンストラクターズランキングで10位に終わりましたが、今年はマノーがいなくなってしまったので、ザウバーは本当にコンストラクターズランキング最下位のピンチを迎えそうですね…

 

ザウバーはこれまでの14年の歴史で、コンスト最下位は2014年と2016年の10位です。

このころはまだケータハムとマノー(マルシャ)がいましたが…

 

話は少し変わりますが、前述のようにマノーの消滅が決まってしまいました。

 

 

2017年型のマシンの開発も進んでいたでしょうし、人材、エンジン、ギアボックスといろいろ揃っていたチームなので、今後が期待されていただけに非常にもったいないばかりです。

 

ヴァージン時代から続けて入賞は2度しか記録していませんが、フォロワーさんにとってこのチームについて一番印象が残っているレースについてもアンケートを取ってみました。

 その他に投票した方もいるようですが、どうやら2014年の日本グランプリのことを思って投票した方もいたようですね。これはアンケートの実施方法が悪かったですね。いい思い出だけしか見ていなかったので…

 

モナコの9位入賞は結果的にマノーとしての復活につながるほんとに本当に貴重なポイント獲得でした。

f:id:pointsite-boy:20170322170851j:plain

3位 フェラーリルノー

 

f:id:pointsite-boy:20170322171228j:plain f:id:pointsite-boy:20170322163741j:plain

 

 

またしても同点です。

フェラーリはプレシーズンテストでは好調をキープ、ライコネンに至ってはプレシーズンテストでの最速タイムをマークしています。

ここまで好調ならば、さすがに3勝ぐらいは期待してもいいのではないのでしょうか!?

 

そして同率の3位には昨シーズンはランキング9位に終わったルノーが入りました。結構人気ですね!

 

彼らのレースングスーツのことについては触れないであげましょう…

 

2位 メルセデス

 

f:id:pointsite-boy:20170322172038j:plain

2位には王者メルセデスがランクインしました。

 

やはり美しいマシンは速い!とレース界ではよく言われるように、ある程度はその結果を示してきた結果ともいえます。

 

そして、そのメルセデスに今シーズンから移籍してきたのがバルテリ・ボッタスです。

 

f:id:pointsite-boy:20170322163811j:plain

 

昨シーズン末で王者になった1週間後に引退を表明したニコ・ロズベルグの後釜として入った形です。

対ハミルトンで考えると、これまでのチャンピオン遍歴から見てもハミルトンが優勢なのかなと思うところもありましたが、これについてもアンケートを取ってみました。

 

 

 

ボッタスは応援してあげたいけど、正直ハミルトンの方が強いのかな…と考えている方が多数派のようです。

 

ハミルトンを倒すのは非常に難しいかもしれませんが、彼がハミルトンと対等に戦うことでチャンピオンシップも面白くなってくるので、F1が盛り上がってほしい身としては彼になんとか頑張ってもらいたいものです。(メルセデスが最速マシンとは決まってはいませんが笑)

 

1位 トロロッソ

そして栄えある1位に輝いたのはトロロッソでした!

f:id:pointsite-boy:20170322111101j:plain

 

昨年までは紺色を主体としたカラーリングでしたが、今年は大胆に鮮やかなブルーへと変更してきました。

 

かっこよさは非常にずば抜けているようで、人気投票でもこれがまさにブッチギリ!!

というさわやかなブッチギリぶりをはっきしてくれました!

 

 

 

 アンケートを実施した側としても、ここまですっぱり結論が出るとなんか気持ちがいいものですね!(わけわからん)

 

人それぞれどのような点が好みなのかの判断は分かれるので、その点についてもアンケートを取ってみました。

 

ノーズの突起だけの観点で考えたら、メルセデスもついていないので、メルセデスとのいい勝負になるかと思いきや、カラーリングがメルセデスを完全に圧倒したという感じでしょうか。

 

長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

 

マシンのルックスを良くすることにも視点をおいたレギュレーション変更はある程度のの成果を発揮したとも思いますが、ノーズコーン形状・シャークフィンなどまだまだ詰める内容はありそうですね。

 

それでも、F1がなんとか物事を良くしようとする方向へ舵を切っている方針には僕も称賛を送りたいと思います。

 

ジョン・サーティース氏死去。ご冥福をお祈りします。

先日F1界に悲しいニュースが走りました。

 

2輪と4輪のレース両方でチャンピオンを獲得、ホンダF1第1期の後半を支えたジョン・サーティース氏が3月10日に亡くなられました。

 

F1の活躍も素晴らしいですが、どちらかというとロードレース世界選手権での活躍の方が素晴らしい方でもあります。(ロードレース世界選手権38勝・4回チャンピオン、F1世界選手権6勝・1回チャンピオン)

僕は残念ながらロードレースでの活躍の方は全く詳しくないのでF1での活躍を述べたいと思います。

 

f:id:pointsite-boy:20170312170513j:plain

 

前述のロードレース世界選手権での活躍の後、F1からはロータスからデビューしてその後はフェラーリで活躍しました。

 

1964年にはフェラーリでチャンピオンを獲得しましたが、最終戦は本当に劇的なものでした。

最終戦のメキシコグランプリの時点でチャンピオンの可能性があったのはヒル、サーティース、クラーク。

決勝レースではクラークがリード、ヒルは後退してしまったため、チャンピオンはクラークにわたると思われていました。

 

しかし、残り2周でトップを独走していたクラークが脱落。これでクラークがタイトル争いから脱落。

 

これで2位にバンディーニ、3位にサーティースが浮上しましたが、フェラーリはここでチームオーダーを発動、最終ラップのストレートでサインをみたバンディーニがスローダウンしてサーティースが抜いたことで逆転チャンピオンを獲得しました。

 

話だけでは伝わりにくいですが、2008年のハミルトンマッサも比じゃない大逆転でした。

f:id:pointsite-boy:20170312172509j:plain

 

 

そして、私たち日本人にとっては第1期ホンダF1でのサーティースの活躍は語らずにはいられません。

 

1967年にホンダに加入すると、1台参戦ながら奮闘しました。

特筆すべきは1967年イタリアグランプリ。

 

最終ラップまでトップを走行していたクラークがガス欠で後退、サーティースとブラバムの戦いになりましたが、最終ラップの2人の戦いは見ものです!

www.youtube.com

 

ブラバムがパラボリカでインをつきましたがアウトにはらんでしまい、サーティースは冷静にこれをパスして、0.2秒差でブラバムを下したのでした。

 

1968年もホンダから参戦しましたが、フランスグランプリではF1マシンとしては初参戦となったジョー・シュレッサーがクラッシュから焼死するという痛ましい事故も起こってしまいました。

 

他にもホンダ本社との方針の違いにも巻き込まれたりと混乱の中でもエースドライバーとして活躍したサーティース氏には日本人として感謝しきれません。

 

安らかにお眠りください。

ブログスタートさせました!

初めまして!

茨城県内の大学に通っている大学生です。

 

レースを見ることが生きがいとしています!

レースならほとんど抑えています。

 

F1、インディ、スーパーフォーミュラ、SuperGTはほぼ毎戦観戦。

フォーミュラENASCAR・WEC・WTCC・MotoGPWRCはちょろちょろ観戦しているレベルです。

 

これだけ見ているのですが、特定のドライバーのファンがいないという変わったスタンスで(笑)、それゆえに公平な目線でレースを見ることができるので、ツイッターのアンケート機能を利用したアンケートアカウントをやってます。

twitter.com

 

他にもタイピングがすごい好きで、マイタイピングというサイトによく出没します。

 

タイピング用のツイアカ↓

twitter.com

 

アニメは「やはり俺の青春ラブコメは間違っている(通称俺ガイル)」と「Relife」が好みです。

最近とらドラ!を見てからめちゃくちゃハマっています(昔のアニメ過ぎて共有する人いないですが泣)

 

よろしくお願いしますm(__)m